「心身共に健康的な生活を送るために」

転職事情を知ってストレスのない転職先を探す

ストレスを軽減するためには

看護師の転職事情について

近年では看護師の人手不足が深刻化し、多くの医療機関や施設から看護師の求人が出ています。そのため、求人数が多く転職活動をしやすいでしょう。希望する条件で効率的に転職活動をするためにも、看護師の転職事情を知っておきましょう。また、転職活動をするのにおすすめの転職エージェントを紹介します。

看護師の転職事情について

看護師の平均転職回数

看護師の求人数は大変多いため、看護師の多くが転職を経験している雰囲気があります。しかし、厚生労働省の過去のデータでは、転職回数の調査に参加した看護師の約40%は転職の経験がなく、一度だけしたことがあると答えたのは約25%でした。半数以上の看護師は転職することなく初めて入職した職場で働いていることになります。5回以上転職したことがある看護師は5%以下で、看護師の転職率は思っていたよりも低いことが分かります。

看護師の平均転職回数

転職回数が多いと不利になる?

勤めていた医療機関がつぶれたなどの事情がない限り、自身の都合で5~6回転職をしている場合、「何か本人に問題があるのでは」「忍耐力が不足している」「すぐに辞めてしまうのでは」と懸念され、採用は不利になるのが一般的です。そのため、あくまでも目安としてですが、転職は20代のうちであれば2回程、30代なら3回程度にとどめましょう。
転職回数が平均より多いからといって採用されないわけではないため、転職回数はそこまで重要視されているわけではありませんが、採用人数より応募者が多い場合にはこれまでの経験や実績などから判断されるので、長く勤める意思があるという印象を与えるために、やむを得ない理由がない限り転職回数は多くない方がいいでしょう。

転職回数が多いと不利になる?

コンサルタントのサポートで求人を探す

現在の労働環境に不満がある場合や、人間関係にストレスを抱えているため転職しようと考えている場合は、看護師専門のコンサルタントに相談して転職活動のアドバイスを受けながらさまざまなサポートを受けることが転職を成功させる秘訣です。
自分では気が付かなかった向き不向きや長所・短所をプロの目線で見てもらえるため、どのように転職活動を進めていけば良いか方針を立てられます。

また、多大なストレスを抱えやすい看護師だからこそ、少しでも条件の良い職場に勤め、ストレスに悩まされることなく仕事に取り組める環境を見つけたいものです。
しかし前述のように看護師の求人は膨大な数があり、その中から自分の求める条件にぴったり合うものを探し出すのは至難の業です。

コンサルタントのサポートで求人を探す

苦手な人が職場にいる看護師へ

ストレスに勝つ

当サイトは、仕事でストレスを抱えている看護師がストレスから抜け出すための方法を紹介しています。【お問い合わせ】