「心身共に健康的な生活を送るために」

ストレスが看護師に与える多大な影響

どんな悪影響を及ぼすか

人は生きていくうえで大なり小なりストレスを受けます。その中でも看護師は精神的にも肉体的にもストレスが大きいです。ストレスは心と体の健康に大きな影響を与えます。ストレスによって生活習慣が乱れ、仕事のミスが増え労働生産性を低下させます。また、疲れやすくなり、食欲が低下し、寝つきが悪くなり病気にかかりやすくなったり、不安やイライラ感に襲われるようになりうつ病を発症するなど、心身の不調を引き起こすのです。

  • メンタルが崩れてしまうかも

    ストレスによるメンタルの不調を訴え悩む看護師は少なくありません。メンタルの不調が原因で長期休暇を取得する看護師は長期休暇取得者全体の3分の1以上です。看護師不足に悩んでいる医療機関において、休職する看護師がいると他の看護師が長時間労働や残業などでその穴を埋めるため、周りにまでストレスがかかっててしまうのです。そのため、看護師をメンタルの不調から守るためにどのような対策が必要なのかを考えなければなりません。ここでは、メンタルに不安を抱えた看護師の実例を紹介します。

    READ MORE
    メンタルが崩れてしまうかも
  • バーンアウトに要注意

    看護師の仕事は多忙ですが、人の命を救う仕事のためやりがいを感じる人も多いです。しかし、激務や人間関係などで本人の気が付かないうちに身体的にも精神的にも疲弊しストレスが蓄積されてしまい、ある日突然気力を失くし仕事への意欲を失ってしまう「燃え尽き症候群」通称「バーンアウト」に陥る危険性があります。バーンアウトになると、コミュニケーションもうまくいかなくなり疲弊感を強く感じるようになり、仕事への情熱を失い、やりがいを得られなくなり、仕事や日常生活に支障をきたすようになります。

    READ MORE
    バーンアウトに要注意

苦手な人が職場にいる看護師へ

ストレスに勝つ

当サイトは、仕事でストレスを抱えている看護師がストレスから抜け出すための方法を紹介しています。【お問い合わせ】